お知らせ・ブログ一覧

黒染めについてのお話し

2018年03月08日

 
 

 

こんにちは!
3月に入ってこの時期、就活や就職、学校行事などで黒染めをされるお客様が多いです。
一度、黒染めや黒に近い色にしてしまうと、しばらくは明るくするのは難しいです。

髪の毛は、赤、青、黄色の3色が重なりあう事によって黒に見えます。
ですので明るくなった髪にこの赤、青色を入れることによって黒くみせる。
これが黒染めの仕組みです。



一般的、黒染めの薬剤は赤を多く含んだ黒染めが多いです。
黒が色落ちした時に赤っぽくなったり、オレンジっぽくなるのはこの為です。

アッシュ系などの色がご希望の場合はこの赤とオレンジが原因でアッシュ系に
なりづらくなります。

それでは、影響しないようにするには??
先ほどあったようにアッシュ系にしたい場合は赤とオレンジが邪魔するので
グレー系や青などの色を使って暗く見せるやり方です。
 
室内ではしっかり暗く見えますし、自然な太陽光では透明感のある感じです。
色落ちした場合でもベージュ系やアッシュ系にすることもできるのでおススメです!
 
黒染めした髪をカラー剤を使って明るくできますか?とよく聞かれます。

通常カラー剤は髪の中のメラニンを壊し、髪の赤、青、黄を減らして明るくしていきます。
カラー剤にはメラニンを壊す力はありますが、カラー剤の染料を明るくすることはできません。
 
ですので、黒染めや白髪染めをする場合には、脱染剤やブリーチを使用して明るくします。
ただ髪に対してはとてもダメージが残るので行う際はきちんとご相談して行うと良いと思います。

この先明るくしたいと思っている方、セルフカラーや一度で真っ黒にしてしまう前に
ご参考にして頂けると嬉しいです


 


コラム